読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「竜三と七人の子分たち」

「竜三と七人の子分たち」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150510152614j:plain

北野映画

元ヤクザなおいちゃん達が、なんとなく集結。最近の中途半端な奴等に鉄拳を食らわす。

40字そこそこで内容が書けてしまった。

う~ん。

北野映画って、全部を追った訳では無いんですよ。

まあでも、その中でも比較的ライトなノリでやった作品なんやろうなと。

主役を張っていた藤竜也は勿論、他のキャストの安定感。

でも、でんでんや渡辺哲を持ってこないライン。(園組に持って行かれたからなあ)

当方は、安田顕が好きなんですよ。久し振りにきちんとヒールをやってましたね。

何だかなあ。映画館に来られていた中高年の方々は、狙った所で確実に笑っていましたけれども。

エッジを求めて来てしまったら、肩透かしかもしれない。

何だか、三谷作品みたいな安定感。(悪口ではありません。)

せめて、息子との確執とか。昔のさらっとしすぎなヤクザ時代からの哀愁とか。語られても良かったんじゃないかなあ~と。

ライトなタイトル。ライトなヤクザコメディ。

それこそを狙っていたのなら、安心して観れる安定作品でした。