読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ロマンス」

「ロマンス」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150907212104j:plain

タナダユキ監督作品。大島優子主演。

26歳。ロマンスカーの車内販売員の鉢子。そつなく仕事をこなす彼女は、職場での評価も高く。
その反面、ヒモっぽい彼氏を持ち。何だか気持ちは燻って。
そんな鉢子の元に届く「母親からの手紙」。
男にだらしなく、過去に振り回されてきた母親のそれに、いよいよイライラが止まらない鉢子。
そんな時、車内で出会った中年男性に乗せられ「母親を探す、日常からのエスケープ」に出てしまうが。

始めにお断りさせて頂きますが。

当方は、本当にアイドル全般に対する思いが無いんですよ。

なので、大島優子嬢に何の入れ込みも、加点も、逆に減点も元々ありません。

彼女のアイドル時代のサクセスストーリーは知らないし、それが影響しては、彼女の作品をまともには観れないと思っています。

役者さんとして、そして、この作品に於いてでしか、彼女をどうこう言う事は出来ません。しかも私的な感想しか。

何でこんなしつこい前置きを言うかというと。結構言いたい事があるからです。


タナダユキ監督作品。

正直、全てを観た訳ではありません。しかし、彼女を代表する作品を二つ挙げるとすると「ふがいない僕は空をみた」と「百万円と苦虫女」。

「ふがいない僕は空をみた」


f:id:watanabeseijin:20150907213842j:plain

一見、「放課後に人妻とコスプレセックスするリア充高校生の話に、共感など出来るか‼」となるのですが。

あの男子高校生の真っ白さを囲む、皆の苦しさ。それらの、彼を侵食する様。もう切なくて堪らなくて。

百万円と苦虫女


f:id:watanabeseijin:20150907214346j:plain

どこか渇いた主人公。背景は抱えながらも、他人には見せないスタンス。
なーんかゆるい、今一つ強いパンチは繰り出さない、でも。

当方がそれでも何だか好きなのは、「蒼井優森山未來が、惹かれ合って、それを通わせる、あの道のシーンに悶えるから!」という。


f:id:watanabeseijin:20150907214808j:plain

同じ監督作品であっての、この二つの違い。当方が思うには。

「前者は原作あり。後者は監督オリジナル。」

勿論、脚本とかもあるんでしょうがね。


「あああ‼…百万円と苦虫女側に行った‼」

正直、サブカル20代女子では無いんでね。ゆるふわ女子映画はキツくなってくるんですよ。

序盤の、中年男性と日常からのエスケープに出る説得力。…強引すぎるかなあ~。と。

鉢子というキャラクターが、何だかぶれているんですよね。

男にだらしない母親を見て育って、社会に出て、そつなくやれるけれど。結局、自分もだらしない男との関係が絶てなくて。
全てに良い顔するのも腹立たしくて。いっそ、何もかも投げ出したくて。

そういうモラトリアム女子を、現実に飛ばせるには、もっと強い力が要ると思うし。…「俺、貴方の母親知ってるよ」くらいの。

結局、終始自分の中で嫌事を思い出しては不機嫌になるばかりで。

そして、結構その繰り返しなんですよね。相手からしたら「知らんがな」という。

そのエピソードも、「まあ…。見た事や読んだ事があるな…。」という既視感。

大島優子嬢は、当方的に「器用貧乏」な気がしていて。

多分、正解の演技なんでしょうし。
その場その場では良い表情なんですがね。

そういう過去を持った鉢子というより、「ホイホイ付いてきた癖に、終始機嫌悪い奴」にしか見えないんですよ。

あのラブホでのシーン…。どうにかならんかったんかよおおお。いつ、感情をもっと互いにぶちまける時があったんだよおおお。もっとぐじゃぐじゃになるべきやろう!別に、セックスしろって意味じゃ無くてな!何もかもが、上っ面の小綺麗さなんだよおおお。

顔の系統が似ているだけで「池脇千鶴なら、どうしたやろう…。ストロベリーショートケイクスくらいの時の…。」と思ってしまう当方。(当方の池脇千鶴に対する信頼感は異常)


この作品に対して、全否定ではありません。

大倉孝二


f:id:watanabeseijin:20150907221826j:plain

当方のベスト映画に生涯ランキングされ続けるであろう「ピンポン」。

そこで「アクマ」を演じたその時から。

当方は、大倉孝二のカメレオン振りに舌を巻くばかりで。(…あ、カメレオンなだけに…悲しい関西人の性…。)

この作品でも、余りにも自然な「どうしようもないクズ」っぷりで。清々しくも、癒されっぱなしでした。

こんな奴、嫌いになんてなれないよ。(お金さえ関係無ければ)

そんな彼の「黙って怒るの、止めてもらえますぅ~。黙って怒る女、大嫌い!」という台詞は、思わず声に出して笑ってしまいました。

後。単純に同僚の彼女。嫌いになれないですね。


荒んだ当方には、ちょっと分かり合えなかったゆるふわサブカル女子映画。

タナダユキ監督作品。

次回作は、どこに向かうかな。


f:id:watanabeseijin:20150907222550j:plain