読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ズートピア」

「ズートピア」観ました。


f:id:watanabeseijin:20160501230156j:image

「ズートピアは色んな動物が仲良く暮らす街。新米刑事のウサギのジュディ。希望に胸を膨らませてズートピアにやってきた彼女。知り合ったのはなんと…詐欺師のニック!(キツネ)そして起こる事件。果たしてズートピアに再び平和な日は取り戻せるのか?!」

みたいな予告が流れていたと記憶。確かにこうやって文章にしてみたら、何も間違ってはいませんでしたが。…そこから受ける「可愛いウサギの刑事のわちゃわちゃしたファンタジー感」正直、全く観るつもりはありませんでした。

まあ、色々あるんですよ。休日の朝。前日脳内で組み立てた映画鑑賞スケジュールをぶち壊す事態。はっきり言って寝坊。

複数本観るつもりなので、どこで帳尻を合わせるか。行きの電車で必死の組み立て作業(スマートフォン画面片手に、鑑賞エリア映画館の距離と時間を考慮し、脳内で組み立て。)そして苦肉の「ズートピア??」選択。

どうせお子様映画だろうなと、半信半疑で行った訳ですよ。

半信半疑…一応書いておきますが。当方は時間合わせなら何でも良い訳ではありません。興味が無い映画なら、どんなに有名作品でも行きませんし。

「ズートピア」は初動鑑賞者の感想が「褒め」しかなかった。これは何事かと。

複数の、参考にさせて頂いている人物達の絶賛の声。これは一見の価値ありかと。

 だらだら前置きするのは、ナマケモノと同じですから。先に進みますが。

 

「いやあ。面白かったですね」

単純ではありますが。この一言です。

 

ディズニー映画全てを観た訳では勿論無い。アニメを積極的に観るタイプじゃないし。「アナ雪」も「あれ…お話しとしてはおかしくないか?」と嵌れず。そんな当方が一番好きなディズニーアニメは「不思議の国のアリス

f:id:watanabeseijin:20160501231531j:image

 「不思議の国のアリスに並ぶかもしれん。と言うかズートピア…子供向けに見せておいて、一緒に行った大人を唸らせる。子供の方がつまんないかもしれん。メッセージテーマが余りにもシビア。でもすぐに否定も肯定もせずに、丁寧に話を重ねて、しっかり落としている。」

「意外ときちんとした犯罪ミステリー。全然街のお巡りさんのほのぼのストーリーじゃない。」

「何一つエピソードに無駄が無い。アイテムも会話も。」

「そして笑える」

 

「肉食動物も草食動物も仲良く暮らすズートピア」

f:id:watanabeseijin:20160501230421j:image

ディズニー=アメリカ映画と考えると、やっぱりこれはアメリカの縮図としか言いようがない。

色んな人種が暮らす国。平和で平等が表向きで、憧れて向かう人も沢山いる。でも。

(当方はアメリカの何をも実体験していませんが。)やっぱり口には出さないだけで心にはある「他者への差別」「偏見」「決めつけ」

 一見皆仲良しで暮らすズートピア。でもどこかにある「肉食動物の強さ」「そこに怯える草食動物」の図式。

 「ところで、肉食動物は何を食べているんですか?そして、鳥、魚、爬虫類、虫は?」

 素朴な疑問。きっと製作者達にはこの答えはある。まあ…話がずれるんで言わなくていいですけれども。

 可愛くて弱弱しいとされる「ウサギ」のジュディ。

f:id:watanabeseijin:20160501230523j:image

(…って、ウサギって神経質やし、凶暴でもあるぞ。ハイヒールの音にキレて指を噛みちぎった話も聞いた事あるし。)

正義感が強く「世界を救いたい」と警察官になり。でも、配属先ではどうせ力にならないだろうと思われ、まともな仕事を与えられない。

街で知り合った「キツネ」のニック。詐欺師。

f:id:watanabeseijin:20160501230601j:image

とある依頼をきっかけに、手を組む事になった二人。(二匹)

バディものとしても秀逸なんですよね。

「キツネ」=「卑怯者。嘘つき」というレッテル。何もしていないのに決めつけられ。踏みにじられ、傷付いた幼い日。傷付かない為に、レッテル通りに生きていく決心。もう誰も信じない。

 一見やさぐれて、薄情で。ヘラヘラと誰かを騙す。でも実は優しくて、心にとんだ傷を抱えていて。そしてそれを…ジュディにそっと打ち明ける。

f:id:watanabeseijin:20160501230626j:image

 

「こんなキュンがあるかあああああ。」

 このキツネは、とんだ女たらしですよ。劇場の女達の心を奪いまくり。

もうそうなると、このバディが大好きすぎて。応援しちゃう流れですよ。

f:id:watanabeseijin:20160501230722j:image

 

アメリカ云々とか言いましたけれどね。アメリカだけじゃなくて。

誰にでもある「差別」「偏見」「決めつけ」悲しいかな、それは間違いなくて。

それは最早本能でもある。かつてあった種族間の歴史。恐れ。経験。

でもそこで止まると終わり。

そして強者と弱者のバランス。強者はいつまでも強者のままではない。弱者も一人では非力でも。束になるとそれは新たな力となり、強者を倒す事もある。

 

でも1対1で対峙してみたら。互いに話してみたら。

レッテルを張っていたと気づくのは自分。

 

随分と深いテーマを、あくまでも明るい雰囲気で。でも力強く。

「ディズニー…凄いな」

 

ところで、当方が一番好きだと思った動物ですか?

f:id:watanabeseijin:20160501230742j:image

ナマケモノ‼」

 最近は、疲れた時等に「ナマケモノ」の画像で癒される当方。しかも毎回笑顔になってしまう。

何もかも最高。特にナマケモノ

先人達と同じく。絶賛しかなくなる。

まさにミイラ取りがミイラになった。そんなズートピアでした。

f:id:watanabeseijin:20160501231035j:image