読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「恋人たち」

「恋人たち」観ました。


f:id:watanabeseijin:20151117202428j:plain

樋口亮輔監督作品。「ハッシュ!」そして「ぐるりのこと」から7年。


三者の「恋」を描く群像劇。

映画館でチラシを目にした時から。そして予告を観て尚更、気になって仕方が無かった作品でした。

そして、映画を観た後の当方のモヤモヤ感。

「愛する妻を暴漢に奪われた男」

余りにもやるせない、その男の姿。3年経ってもその傷は癒えることなど無くて。

f:id:watanabeseijin:20151121220734j:plain



「弁当屋で働く、平凡な主婦」
ハゲ散らかした旦那。しみったれた姑。そして、明らかにおばちゃんと化した自分。

昔の輝きをぼんやり反芻しながら、なんと無く生きていた。そこに現れた、非日常。


f:id:watanabeseijin:20151121220745j:plain



「感情をコントロールし、完璧であろうとする、ゲイの弁護士」
でも。本当に好きな相手には、決して思いが通じる事など無くて。

f:id:watanabeseijin:20151121220754j:plain



妻を失って3年。
おそらくは「もう前を向きなさいよ」と思われている男。
「勿論殺されたのは本望じゃ無いにしろ、妻だってそんな貴方の姿は見たくないと思うよ。」

言うのは簡単ですがね。

人から見たらありきたりな恋。でも、本人にはかけがえのない相手で。これから二人で作っていく未来があった。それが断ち切られた。

その気持ちの落とし所は?憎しんで、加害者を傷つければ。そうしたら自分は救われるのか?

かつての、幸せな日々を語る男。

でも。そんな最悪なシチュェーションですら、「決して思いが叶わない男」にとってはノロケでしか無くて。

社会的スペックがある。ゲイであることは公にはしていない。
感情的になって、取り乱したくなんか無い。

ずっと好きな相手は、絶対に手に入らない。

そんな彼からしたら、みっともない位に感情を爆発させる顧客達の姿は、時にフラストレーションでしか無くて。

「傷ついちゃうから。僕が。」

辛い気持ちをぶちまけられる場所は何処なのか?繋がらない電話は、繋がる日がくるのか?

当方が、後から一番反芻した彼。

ヘラヘラとした口調で。薄ら笑い(とも取れる)で接するクライアントや恋人。表面上では上手くいっているけれど、結局は想い人の他に彼を見舞う者も、優しくしてくれる者も居ない。そして、唯一の想い人には理不尽な誤解をされ、距離が離れていく。

誰もが大切にしたいものがある。
誰もが誰かを傷つけたり、無意識に、そして意識的に悪意をぶつける事がある。それは防御反応であったりもして。

無意識の暴力。意識の暴力。
誰もが被害者であり。加害者でもある。

三者の中で突き放したラストになったからこそ、ずっと付きまとうぐるぐる感。


平凡な主婦。彼女の、どこかコミカルで。笑えないのにほっこりする話。

結局は、身近な所に彼女の王子様は居て。築き上げた日々が、きちんと彼女の居場所を確保している。
それは、彼女の脳内にある絵空事みたく都合の良いものでは無いけれども。

安定の光石研安藤玉恵



心に抱える傷と、やり過ごさなければならない日常と。終始苦しみばかりを主張する訳にはいかない。でもどうにもならない時もある。

「しかし。主人公は凄く恵まれた会社に勤めているんだな。」

お調子者で愛される後輩。気にかけてくれる女子。意地悪が蔓延する事が無く、主人公も孤立したりはしない。皆で集まって魚BBQみたいなコミュニケーションがある。そして。

「この上司が居るなら、頑張れる。」


f:id:watanabeseijin:20151121235115j:plain

とんだ修羅場をくぐったはずなのに、表には出さず、終始穏やか。

主人公がひたすらネガティブな感情を爆発させても、まずはじっと聞く。

そして発する言葉。

全当方が泣いた瞬間。


こんな上司が居るのならば。
こんな器の人間になれるのならば。


愛するものを失って、世界一不幸であるとすら思っていそうな主人公の。その周りに居る、他の傷ついた人達が必死に見せる笑顔と涙を。優しさを。


ずっと下ばかり向いていたけれど。

f:id:watanabeseijin:20151122002255j:plain



どん底からふと顔を上げたら、立ち並ぶ建物から、切り取られた空が見えた。


何時かは支える側になれる。


久しぶりに。纏まりもない思いが何時までも胸を過る。
でもそれを噛み締めたい。そんな作品でした。