読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ローリング」

「ローリング」観ました。


f:id:watanabeseijin:20151006011052j:image

冨永昌敬監督作品。

水戸。

高校の体育教師であった男。その彼女。そして男の教え子であった男。


f:id:watanabeseijin:20151006011202j:image

 かつて体育教師であった男。「学年女子全員の着替えている様を盗撮し。それが露見し、教職を追われた」という過去。東京にも居場所がなく、戻った水戸。

そこで再会した、男のかつての教え子達。

そしてまた浮上する「盗撮動画問題」

そこには、「とある同級生の、とんでもない姿」が収められていて。

関西は公開が遅くてですね。話を知ってから気になって、気になって。満を持しての公開作品でした。

「自分自身を含め、近親者に絶対に犯して欲しくない犯罪。性犯罪。」(何だって嫌ですがね)色犯罪ほどみっともなくて、恥ずかしい物は無いです。

そして何故か現実に教師のロリコン性犯罪の多い事。

「確かに、彼等はその後どうなっていくんやろう。」

教師がエロで堕ちる。それは、聖職者が堕ちるに等しくて。

まあでも、この作品に於ける、権藤先生の清々しいまでのクズっぷり。

彼にも良い所があるのかな?と思いきや。

…もう振り切り方が半端ない。

大体、何があったとして、普通はそんな場所には帰れないし、誰とも顔を合わせられませんよ。

結局、かつての教え子達とつるみ。

また、教え子達も恐るべき底辺コミュニティーなんですね。

地元が大好きで。地元の仲間でつるんで。大した職に就かず。ぶらぶらと徘徊する仲間多し。

そして、遂にその着替え動画を皆で見て。そしてそれで金を得ようとする。

好評の声が多いみたいなんですがね。当方は、どうしてもこの作品のモノローグが煩くて。

「権藤先生の喋り、要らん。」

その大半が(当方にとっては)バラエティーに於ける、過剰な字幕っぽくて。

つまりは、言わなくても分かる。分かるから黙っておいてと。こちらに想像の余地を与えろと。

後。映像から溢れる権藤先生のクズ感と、ナルシスト全開のモノローグという乖離。

まさに「あんた今は教師じゃないじゃん。」

やたら「教師の私」がどうこうと語ってくるんですがね。教師らしさなんて微塵もないんですよ。ちょっと誰かにいい顔したと思ったら、直ぐに他の者に付け込んだり。泣きついたり。

大体、少しでも反省の念とかがあるなら、何故その動画を処分していない。見せてしまう。(管理の甘さ)開き直る。それで次の手を考える。

しませんよ。そんな事。

まあ、その煩い自分語りが「勘違いしている、かつて教師であっただけの奴」を現しているのだとしたら。なかなかですが。

唯一、マトモそうに見えた教え子。しかし、こいつもなかなか一筋縄ではありませんよ。

他人の彼女を、気に入ったからとわりと強引に手に入れて。

そもそも本当にマトモなら、こんな仲間とはつるみませんよ。

つまりは、「底辺の中での理性者」というスタンスが良いんでしょうね。何か八方美人で、信用しかねますけれど。

こいつ…。何だかんだどこに行っても、こうした彼女が出来そう。

そして、フラフラする彼女。


f:id:watanabeseijin:20151006014639j:image

お見事でした。

リアルに居そうです。こういう、男受けが良くて、常に男の側に居て。自分の意見などあやふやで。結局、強い男に引っ張られるのが好きな女。女友達は皆無やけれど、男が居るから寂しくない。そして、実際可愛いんですよ。

何だかんだ。ラブラブな時間が過ぎたら主体性が無い彼女に彼氏がイラついて、喧嘩して。下手したらDVまがいの展開になったり。

長続きしないんですよね…。まあでも彼女は可愛いから…。

この写真の二人のラブな時間。「リアルっぽい」と言われていましたが。

当方は、それよりも、その寸前の男の、女に対する行為の謎さがひっかかりました。

なので最後「ああ!成る程あれが!」となったわけですが。(でも、あれは気付いた者の口コミで広がればいいんですよね…。モノローグが蛇足…。)

権藤先生を再び急転直下に陥れた背景。それが皮肉にも真実の愛であった事に唸る当方。(て言うか。どれだけの金が動く世界でアンタ…。世間知らずか。云々。とは思いますが)

でもそれもまた、地元が救ってくれる。

何か…。狭い…。

田舎過ぎはしないが、都会でも無い。地方都市。閉塞的な世界。人間関係の狭さ。ボンクラの集まり。でもそれが心地よい仲間。大概な事件が起きているのに、何でかほのぼのとしたおとぼけ感。

歳を取って、その仲間の誰かがやっているスナックや居酒屋で「ほら、あの時の…。」ってやりながら酒を酌み交わしそうな。


なかなか巧妙な地方映画でした。


f:id:watanabeseijin:20151006023419j:image

(写真は舞台挨拶にて)