読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ハッピーボイス・キラー」

「ハッピーボイス・キラー」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150926220106j:plain

バスタブ会社で働くジェミー。
昔とある事件を起こし、現在は保護観察中。精神科医のカウンセリングを受けている。
ボーリング場に隣接?した家に、犬と猫と住んでいる。

会社の懇親会で実行委員になったジェミー。そこで気になった経理の子と、二人になるチャンスが出来たのに…。


「ああ。当方はこういう作品は大好きです。こういうイカれた作品は。」

予告編を見なかった。前評判を聞かなかった。(英断。予告はネタバレしてるから…。破壊力が半減してしまう。)
事前に見たのは映画館のチラシののみ。でも気になって。

f:id:watanabeseijin:20150927103541j:plain

ネタバレせずに語るのは無理。なので、やんわり踏み込みながら書いていきたいと思います。

「しっかし、この酷い邦題…。ハッピーボイス・キラーって。原題のTHE VOICESで良いやん。」

主人公のジェミー。はっきり言って、精神的に壊れているんですよ。


f:id:watanabeseijin:20150927104057j:plain

弱々しい笑顔がチャーミングなジェミー。小市民然とした彼は色んな声が聞こえていて。

一緒に住んでいる犬と猫。彼等はジェミーの中の善であり悪である。

自身の精神世界がもたらす幻聴。しかし犬猫に役割を持たせる事であくまでも「彼等に振り回されている」と己に思い込ませるジェミー。

でも。果たしてその声の世界は、ジェミーにとって不幸なのか?

精神科医と交わされる会話に於ける、「ちゃんと薬飲んでるの?」

全然飲めていないんですがね。

でも。薬を飲んだジェミーの見る世界。

あれを見る位なら、飲まなくていいや。


ジェミーにとって、果たしてどちらの世界の方が幸せなのか。

始めにやられる女子はまだしも。ジェミーに恋するアナケン。

アナケンに言いたい!好みがマニアックすぎると!

そして、ちょっとラブな展開になったからといって、即座に間を詰めすぎやと。

一回思いが通じてヤったとして、その男性の自宅に突然行っては行けませんよ。

しかも一人で。

あの会社。大変やったやろうなあ~。一気に女子が居なくなって。会社の運営もしかり。給料も計算出来なくなっちゃうよ。

利害と供給の成立してしまった世界。

でも、ポップでキッチュな絵面。とんでもない事が起きているのに明るい世界。
そして、ふと視点を変えたらとんでもないダークサイドに落ちるバランス。そこを見ないでおこうとすればするほど、ジェミーの闇の深さに震えるばかり。

10年もチンタラカウンセリングしてきた精神科医。その10分で終了する内容。

あれを早くに聞かせていればな。

なんにしろ、見所は間違いなくラストからのエンドロール。

あの、何重にも上手から繰り出されるシュールすぎる世界観。

何とも言えない苦々しさから、もうどうでも良くなって。笑うしかなくて。

気づいたら、何日も経っているのにあの歌が聞こえる始末。

ジェミーの奴…。全然嫌いになれない…。


f:id:watanabeseijin:20150927221552j:plain


「みんな!殺してごめんね‼」