読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「キングスマン」

「キングスマン」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150917211241j:plain

英国作品。

表向きは「高級仕立て屋」のテーラー。実は「どこの国にも属さないスパイ」こと「キングスマン」。

その一人。ハリーを軸に。キングスマンと対する勢力。そして新しいキングスマンの誕生を描く。

これは、間違いなく「コリン・ファースを愛でる作品」でした。

…もう、これで終わっても良いくらいですが。

当方の中に居る、昭和男女キャラ。「昭と和」二人に年代を越えて「キングスマンの魅力」を語って頂きたいと思います。

(昭君。高校一年生。…R15指定の為)
「リッチマンの言う事も分かる。人類がいかに害虫か。分かるんだ。…でも。キングスマンの格好よさ。フリーメイソンみたいな、誰かの紹介で踏み入れる男の世界。アイテムの凝り方。あの傘欲しいし、武器アイテムの部屋!めっちゃカッコいい!名探偵コナンみたいに、アイテムの全てに意味があって。スマートやし、単純にわくわくする。」

(和。お疲れアラサーOL)
「発想が童貞なのよね。」

(昭)「(絶句)」

(和)「矢鱈凝ったこじつけのスパイアイテム。ご都合主義。相手も荒唐無稽なアイテムで対抗って。騙し合いの感じも、典型的な少年作品。」

(昭)「でも!古臭いクラッシックなスパイに対抗する勢力の新しさ。スタイリッシュでグロく無いアクション!」

(和)「人類を悪とするナショナリズムを提唱する、ヒップでホップな指導者。意外と分かりやすいんよね。しかも、キングスマンも、ヒップホップなアイツの刃物女子も、何だかツメは甘くて…。展開もいかにも漫画。でもね。」

(昭)「でも?」


f:id:watanabeseijin:20150917214125j:plain

(和)「コリン・ファースが兎に角‼兎に角美味しいの‼彼の胸板も、若い奴に入れ込むバデイ感も。それを脳内で膨らませていたら、堪らなくなるの‼
コリン・ファースが動いているだけで‼それだけで胸が一杯‼眼鏡‼スーツ‼ツンデレ‼きゅんきゅんし過ぎて…。
周りのオールドキングスマンも堪らないの‼」


f:id:watanabeseijin:20150917215105j:plain

(昭)「うわ。腐った女子…って奴ですか。」


ありがとうございました。
延々と寸劇を披露するのもどうかと思いますので。ここで止めますが。

「キングスマンは、コリン・ファース無くしては語れない。」

キック・アスの監督。クロエ・モレッツ皆様大絶賛の中「こまっしゃくれた女子供」が苦手な当方は嵌まれず。鼻を鳴らした訳ですが。これは駄目。…これは駄目。

「几帳面で、丁寧な仕事をする(印象のある)重たい俳優の魅せる、英国紳士の説得性とアクション。」

これが成立してしまったら、もう文句は言えませんよ。


f:id:watanabeseijin:20150917220135j:plain



内容をつらつら思い返してみたら、単純な少年少女活劇であって。

結構甘っちょるいバデイ感。「…って言っても、何でこんな底辺の若者に?」(全世界の底辺ファッションの共通感)入れ込むハリーは、下手したらBL女子に付け込まれかねなくて。


f:id:watanabeseijin:20150917224300j:plain




またね。悪者の、分かりやすいアメリカナイズ。


f:id:watanabeseijin:20150917220601j:plain

手先の刃物女子も、「つるつるの床なら、痛めるし歩けないぞ」というチャチャは別として、ナイスアクションの割りに確認が雑なんですよ。


f:id:watanabeseijin:20150917220735j:plain

しかしね。英国紳士って奴の「ガキんちょ感」がチラホラする感じ。

「ちょっと今日は気が立っていたものだから」

てな言い訳をしながら、結構暴れん坊なんですよ。短気なんですよ。で、切れて暴れるんですが、戦いが一段落したら、スーツの乱れを直しながらちまちま言い訳するんですよ。うーん。堪らん。

結局、他人にスノッブでスタイリッシュに魅せたいにも関わらず、結構器が小さくて切れやすい。それが愛らしく見える。それが当方にとっての英国紳士で。
そこに嵌まったのがコリン・ファース

やっぱり、この作品で語らざるを得ないですよね。「教会のシーン」

ワンテイクで撮られたと言われるこれ。


f:id:watanabeseijin:20150917222720j:plain

当方は、最近職場で「無になる時」に、何度も何度もエンドレスに脳内で反芻しています。始めのハリーの「挑発問題発言」からスタートして。


もう、楽しくて楽しくて。


ベルサイユのばらに於ける、アンドレ&オスカルフィナーレ以降の回」に匹敵する後半。何分、当方は若いアンチャンに興味が無いんでね。

「次回作が決定しているキングスマン」

堪らない程の童貞中二(R15故に高校一年生にしたけれども)世界作品が、絶対に大人化しないように祈りつつ。

当方は、夢の国で待っていますよ。


f:id:watanabeseijin:20150917224325j:plain