読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150816221220j:plain

スコットランドが舞台。
心療病院から抜け出し、ライヴハウスに向かう主人公。そこで出会う眼鏡男子。
そして、彼から紹介された年下の女の子。
音楽という共通点で結ばれた彼等は、一緒に音楽活動を始めるが。

「オサレ映画…。」

想像してごらん~。(イマジンを脳内で流しながら)

薄暗い、オサレなバー。足元の青白いライト。カウンターにはゴチャゴチャと酒が並び。ちょっと男前なマスターがカクテルを作り。全然お腹の膨れない食べ物が出る店のモニターに。

可愛らしい格好をした、ナチュラル女子が出す、オーガニック又はバル的な店のモニターに。

「そんな店のモニターに流れていそうな映画」

決して否定はしていませんよ。ただね。

「ご飯の時はテレビを消しなさい!」というしつけをされた当方としたら、食べている時にテレビが付いていたら落ち着かないんですよ。そして、テレビはあるとやっぱり見てしまいますからね。…って、食卓のテレビ問題の話では無いんですよ。

そんなのは余談ですがね。

オサレとされる場所で、見掛ける映画。

新しいオサレ映画誕生でした。

「主人公のイヴ。このキャメロン・ディアス系のファニーフェイスは見たことがある。」

f:id:watanabeseijin:20150816223044j:plain

「エンジェル・ウォーズだ。」

「あれって…。映画なんですか?むしろ大画面のゲーム」「その話は止めろ!」
という、映画部でのやり取りを思い出す当方。あの主人公か…。また病んだ設定か。

普通に観たら、可愛いのオンパレード。
可愛くてオサレな男女。歌うシーンも可愛い。デートの遠足プランも胸キュン。
もう、女子とのデート映画としてマストな作品。


f:id:watanabeseijin:20150816223705j:plain

でも。

主人公と草食男子を肯定出来るかが、この映画をジャッジする最大のポイントだろうと思う当方。

当方は…。残念ながら…あんまり。

「自分勝手な寂しがり屋。自分は他人とは違う、孤独で分かって貰えないと思っていて。勝手に傷ついて振り回して。男関係は緩いし、自分に好意を寄せている者も見逃さない。何だかんだいって依存的やし。相手の都合を考えないし。」

「草食男子も程がある。臆病故に動いていないのに、格好付けるんじゃないよ。」

超硬派なスケバン当方が、ブイブイ文句を言ってるんですよ。勝手にやってろと。

後、汚れた大人になってしまった当方としても、中々シンクロしにくいんですよね。

「どこからの資金でそのオサレな生活を維持しているのか。地に足が付いていないのに、夢だ才能だと…。」

まあ、それが若さなんですね。それに、これから主人公は嫌でも世間に揉まれるんでしょうから。


こういうミュージカル映画に、ああだこうだと細かい事を言うのは無粋ですね。

確かに彼等がシンクロしながら歌うシーンは笑顔になってしまう。

あの年下の女の子。口元がだらしない感じの「アデル?」と間違いそうになる彼女。
特別可愛くも、スタイルも良くないのに、笑いながらピョンピョン跳ねる彼女の愛らしいこと。

ある時期に出会った、ボーイ・ミッツ・ガール。


荒んだ大人には手の届かない、もどかしい、きらきらの世界でした。


f:id:watanabeseijin:20150816230154j:plain