読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部上半期総括

八月。

冬産まれの当方が最も「人としてのクオリティを失う月」に、「映画部上半期総括」が行われました。

まあ、当方が属する「映画部」は、映画部部長と当方の二人で活動していますので。ただの映画好き二人の飲み会(大酒飲みは当方のみなので飲み会表記は微妙…。)ではありますが。

2015年の上半期新作映画を始めとした、だらだらとした話を、酒飲みの記憶力でだらだらとお届けしたいと思います。

まず、上半期月平均10本観て計60本で参加した当方と、計30本台で参加した映画部部長。

「不甲斐ない!本数が少なくて不甲斐ない!」

映画部の中でもトップに位置する部長。実は社会的にも地位が上がられていて。

しかし、オーバーワークで過ごされた部長が、月4~5本映画を観れただけでも凄いんじゃないかと。映画は所詮娯楽ですし。本数では無いですよ。

当方は直近では「桐島、部活やめるってよ」の「ああ…。今、当方は今年のベストに出会っている」という直感動意外、「ベスト」やら「ランキング」は無いんてすよ。よっぽどの突出が無い限り、ランキング方式では採点しない。

何とか部門という方式で。

映画部部長は、御自慢のiPhoneに観た映画と、御自分の中の5点満点で採点記録されているので。

部長は、ランキングが出せる人なんですよ。

という映画部部長の上半期トップ。

「何だかんだ言って、マッドマックスに高得点。後、はじまりのうた。」

マッドマックスはなあ~。「やっぱり士気を高める為にギター弾いてるアイツ!」というマッド感に高陽する我等。

「一応、あれからマッドマックスマッドマックス2を観ましたよ。3は観ませんでしたけれども。」「3は永久にいらんよな。」「初期作品も、カワサキを筆頭としたバイク映画ですがね。2の世界観のジャンプアップ」(シリーズものの2
に関しては後述)

「はじまりのうたはサントラを買うべきやった…。」「売ってましたよ。今なら、TSUTAYA等で借りれるかもしれません。でも。歌部門ならピッチパーフェクトも中々でしたけれども。」

「メイズランナーはもっとメイズするべき。」

「プリディスティネーションのあの人の凄さ。」

「何で俺の今年の始まりが進撃の巨人(アニメ版)やったのか…。何であの漫画が世にうけるのかは解ったけれども。」

尽きないですよね。こういうの。

「当方にとって、今のところ突出した作品は無いんですがね。」からの。

「青春部門ならでーれーガールズ」
あの、カッコ悪い10台の悶える苦しさ。

「丁寧部門ならパレードへようこそ」
「同性愛の?」「だけではありませんよ。あの当時の炭坑労働問題もあります。真面目なコメディなんです。」

というなら、ペドゥナの「私の少女」
「やっぱりいいよな~。ペドゥナ。俺は「クラウドアトラス」も大好きやからね。」「でも、ジュピターがボロクソコメント過ぎて、観に行けませんでしたよ。」「ジュピターはな…。」

「中国映画の泥臭さ。不衛生な感じ。韓国映画は綺麗になりつつあるからなあ。「殺人の追憶」は正に中国映画」「女性は波瑠っぽいはんなり顔で、男性はむさ苦しい。あのクリーニング店の親父は反則」「ヅラに触れないから?」

「ソロモンの偽証」「前編が神すぎた」

寄生獣」「やっぱり原作ファンには無理」

「三池監督の振り幅。何でこの少ない観賞数で俺の観た風に立つライオン。」「当方はそれ観ないな~。そして次が極道大戦争。リリー・フランキーのかち込みシーンまでは良かったけれどね。」「一時の竹中直人しかり。リリー・フランキーを万能に使いすぎているのは問題やと思うんやけれどな。そしてピエール瀧も。」「セットやもんね。」

「食べ物部門ならリトルフォレストやなあ~。シェフ!も良かったけれど。」うっすい反応の部長。

アカデミー賞作品群やら。

「フォックスキャッチャーは意外とショボかった」「実話ベースやからなあ。あの、母親の前での悲しい練習寸劇は切なかったですよ。」

「「博士と彼女のセオリー」「アリスのままで」はどうなん?」「よくやれたな~としか。観るしかないよ。観なさいよ。」

「セッションはイマイチ乗れない」で一致。

今後の作品として。

ムカデ人間がいよいよ最後です!(わくわく顔の当方)」「観ない!(部長)」(被り気味で。悲しい言葉。)

シネマート心斎橋バドミントン映画!?観ない観ない!…ってこれ、西遊記の…。」(当方ニヤニヤ)

「何で今更ジュラシックパーク

「まあ。観るよなメイズランナー」

最近の「ターミネーター」「マッドマックス」からの。

「シリーズもので2が良いとか言うけれど!大抵はやっぱり1に全てが集約されている‼」と熱くなる部長。

ターミネーターも、バックトゥーザフューチャーも、マッドマックスも2が良いって言うよ。」

「その中ではマッドマックスだけだ!結局は始めが良い!ただし!」

「ただし?」

「日本中のSF好き男子が集まる会合があったとしても、まともに議題に出来る。それがエイリアン2。それこそがシリーズで2が良い作品だ。」

「日本中のSF好き男子が集まる会合…。地獄絵図としか…。」ひるむ当方。

まあ、こういうぐだぐだした話を終電間際までする会合な訳です。

ああ。でも、当方としてはこの健忘碌のブログは、総括に大変役に立ちました。

「やっぱり記録に残さないと、忘れるな…。」

しみじみ。映画部の二人が互いに歳を取ったな~と実感。映画の名前も、役者さんの名前も出ない出ない。

このブログは、一応「観た映画の全ての感想を書く。観た順番を飛ばさない。抜かさない。」という自分に課したレギュレーションでやっていますので。

まあ、地味に続けられる性格が、自分自身に効をそうしているわけです。クオリティは別として。

まあ、それもいいとして。

「当方は最近、警察官と飲む事があったんですがね。彼等に聞いたんですよ。そしたら、ある意味リアルな警察映画は「踊る大捜査線」らしいです。」「ほんまか!」

そんな世間話からの情報共有もしつつ。

まあ、映画部部長。先日過労で倒れたりもされていましたから。

程々に、息を抜きながらも。

互いに下半期も有意義な映画部活動が出来ますように。

次は年末。「年間アカデミー賞」にて、元気にお会い出来ますように。