読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「コングレス未来学会議」

「コングレス未来学会議」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150710222947j:plain

やたらと観た者達の評価の高い作品。

女優のロビン・ライト(本人)。
全盛期を過ぎた彼女は、所属映画会社に呼び出される。

「これからはデジタル俳優の時代。ロビンの全ての演技をスキャンさせて欲しい。ロビン自体は今後演技する事は出来ないが、ロビンのエッセンスは半永久的に多岐に渡って活躍出来る。」

具体的な病名は分かりませんが。感覚を失う病気を持つ息子の、シングルマザーでもあるロビンは最終的には己のスキャンを承諾。

そして20年後…。

原作未読。あまり事前に情報を入れずに行ったのですが。

「これは、最後まできてやっと、どういう事がやりかったのか分かる感じやなあ~。」としみじみ。

始めの現実パートの辛さ。

落ち目な自分。得体のしれない病気が進んでいる息子。会社から持ちかけられる、失礼極まりない、断れない提案。

「さあ、全ての感情を表現して。」

無理。と顔を覆う主人公に、思いがけなく語られる、彼女のストーリー。


f:id:watanabeseijin:20150710224616j:plain

まず、そこでぐっと掴まれる当方の心。

一転して20年後。意外と無理なくアニメに転化。でも。


f:id:watanabeseijin:20150710224837j:plain

「何これ。悪夢か。」

アニメが当方のあまり好きではない(正直、当方は元からアニメを贔屓では無い)テイストなのもあり。でも…。

皆が自由で争いも無く暮らせる世界。
最早人類ですら無い者も居て。苦しい事は無く。誰も争わない。

そんな、壮大なトリップに飛べる薬。

不思議の国のアリスオズの魔法使い


f:id:watanabeseijin:20150710232726j:plain



f:id:watanabeseijin:20150710231419j:plain


子供の頃。鍵っ子だった当方と妹の、二人で繰り返し観た「オズの魔法使い」と「不思議の国のアリス」のヘビーローテーション

今思えば、異質な作品ありながらも、当方達の大好きな作品。

延々と続く、極彩色のファンタジー。でもそれは…とんだ悪夢。

あの手の世界に放り出される主人公。でも、彼女達はいつも異質な世界には馴染めなくて。とにかく家に帰りたくて。

でも、帰りついたそこは、果たして自分の望む場所なのか。

主人公の選んだ結末…。なんともかんとも。

幸せ。幸せだと思いたいけれども。

映画が終わる事によって、誰の目にも届かない所に行けた彼女が、幸せであることを祈るばかりです。


f:id:watanabeseijin:20150710232344j:plain