読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「極道大戦争」

「極道大戦争」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150706213834j:plain

余りにも降り幅の広すぎる、三池監督の最新作。

市原隼人主演。

噛まれたら吸血鬼になった上に、ヤクザテイストキャラになってしまうというレギュレーション。

元々ヤクザな主人公。彼のリスペクトする「オヤジ」。

町を人情でおさめていたオヤジ。しかし、彼はある日訳のわからない(としか言いようが無い)刺客に倒される。

瀕死のオヤジに噛まれた主人公は、ヤクザ吸血鬼へ変化。己を抑えられなかった主人公は、街の一般人を次々と噛んでしまう。

そうして、「ヤクザ吸血鬼コミュニティー」と化した町に、より強力な刺客が現れて…。


よく、この話をこんなにコンパクトに纏められたよ。当方。酒に酔っているのを良いことに、自画自賛。だってこの作品、訳が分からないもの。

と言っても、2014年の「ワタナベアカデミー賞 ラズベリー賞作品。神様の言うとおり」よりはましですよ。

「オヤジ」こと、リリー・フランキーがカチコミをする冒頭の格好良さ。そこに現れる、安定のピエール瀧。(凶悪以来のペア。そして父になるにも出ていたのにね)
タイトルフェチをそれなりに逝かせるものものしいタイトル。(接吻はベスト。ベタなら愛のむきだし

前述のピエール瀧に始まり、でんでん、渡辺哲と園組御用達の悪役達。黒沢あすか姉さんは?と思わず探す当方。

でも…。リリー・フランキー亡き後は…正直グダグダなんですよ。

「冒頭の達磨は良かった…。でも、そこからの招き猫、こけし…まさか、白熊とか出ないやろうな!?」

思わず神様の言うとおりを思いだし、震える当方。あの、KAERUちゃんの辺りで。

もうね。三池監督作品は…「三池監督の今回のお遊びには付き合えるか」しかないと思うんですよね。量産しすぎなんでね。

市原隼人がんばり屋さん。とか、成海璃子もっと弾けろよ!とか。…弱々しいですわ。

あのオタク外人と、KAERUちゃんのアクションスキルは、凄いなあと思いましたがね。

あのキャストでヤクザもの。もっともっと重苦しいなにかをみせれそうやのに。

そこをあっさりすかすのが、三池監督作品やなあ~と物足りなく帰る次第でした。