読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「乃梨子の場合」

乃梨子の場合」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150614154959j:plain

金曜日。訳のわからない忙しさで駆けずり回った一日。

汗だくやし、本当は何より風呂に入りたい。

…でも、何かいらいらとくすぶった気持ちが。真っ直ぐ帰宅するには足りない。そんな日。



刑事の夫と、幼い娘と暮らす主婦の乃梨子

スーパーのレジでのパートをし。平々凡々と生きていた乃梨子。しかし。

「実は一年前に仕事を辞めていた。退職金も使い果たした。」

まさかの夫の失業。しかも理由もはっきり告げられず。

乃梨子は、前に口説かれたスーパーの出入りの佃煮屋と関係。

食いついてきた佃煮屋に、今後の援助交際を提案。

のめり込む佃煮屋…。

乃梨子の場合。ベストチョイス」

80分も無いんですよね。このコンパクト、かつ堕ちた世界。

また。この乃梨子がまた(失礼ながら)絶妙なんですよ。ビジュアルも飛び抜けて綺麗な訳でも無い。かと言って、崩れてもいない。
浅黒く、ノースリーブ焼けした肌。ベージュ系の下着。
結婚して落ち着いているようで、どことなく浮わついてやさぐれた主婦。

またどこにでも居そうな佃煮屋が、確かに隙を見つけそうな主婦なんですよね。でも。

一回会うのに2万を提示した乃梨子に対し、「5万だすよ!」と畳み掛ける佃煮屋。
「えっ!」と思わず声に出してしまった当方。

5万も出す価値あるのかよ~。体云々って言うより、何をしてくれるっていうんよ~。この主婦が。

乃梨子の心中は深くは語られませんので、あくまでも当方の推測でしかありませんが。

たとえ金を払ってセックスしたとて、乃梨子は全く家族を捨てるつもりがない。そのスタンスは終始一貫しているんですよ。

案の定、金をむしりとられるばかり。

妙齢の佃煮屋。母親と工場を切り盛りし、結婚を薦められ。のらりくらり対応しながらも、結婚を意識している。

恋?恋なんですかね?

佃煮屋の乃梨子への執着は、果たして恋なんですかね?何だかそうも見えなくて。

「趣味ですか?金儲けとセックスです」

始めは軽い気持ちで声をかけた主婦。上手くやれたと思いきや、相手は一枚上をいこうとする。そこでストップがかけられんかったら…。ただ転落するばかり。

どれだけつぎ込んだかは知りませんがね。

確かに…。乃梨子への気持ちは、愛だの恋だのじゃなくて、恐れや、嫌悪や、憎しみになるでしょうね。

この作品で、一番得体が知れないのは夫。

何故刑事を辞めたのか。「お前にも言うても分からんと思うことあるやろ」と結局言わず。
間男に手を降って妻を見おくれる夫。
「(誰の子であっても)子供は風の子」理論からの、実は通通な夫婦関係という怖さ。
終盤の展開の手際。

気持ち悪いのはいつから?

この夫は元からこうなのか。

どうとでも取れる、彼のキャラクター設定。その定まらなさが、かえって不気味。

でも結局、乃梨子と夫の「同じ穴のムジナ」という共犯関係。まさに夫婦。

それこそが、あまたの金を注ぎ込んでも、佃煮屋が欲しかったであろう「絆」なのかもしれない。

大人しく一家庭に収まっていた乃梨子。彼女の獣性が育ち、ただの化け物となり。そして野に放たれたとき。

意外としれっと戻りそうな気はしますがね。


べたべたした体も気持ちも、いっそもっとどろどろにして。

帰宅して風呂に入ったら、すっきりしました。