読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ゼロの未来」

「ゼロの未来」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150522210941j:plain

テリー・ギリアム監督作品作。

近未来。有能なプログラマーの主人公。しかし、社会とは関わりたくなく自宅勤務を希望。
そこで彼に課されたのは「ゼロの解析」。
訳の分からない課題。現れる男女。

果たして、彼等は仕事を潤滑に進める、いわゆるプログラムなのか?

そして、主人公は己の世界から変化できるのか?

~みたいな事をやっていた…と思うのですが。

テリー・ギリアムって。「0か100か」なんですよね。多分かなりの人にとって。

当方にとっての今作…低い方かなあと。


f:id:watanabeseijin:20150522212019j:plain


f:id:watanabeseijin:20150522212026j:plain

でも、こういうマニアックな世界を作り上げる監督の力。周りに付いてこさせる力は本当に凄いなあと思います。こういう作品を観ると。

全部網羅していない癖に、当方の好きなギリアム作品。「ローズ・イン・タイドランド


f:id:watanabeseijin:20150522212350j:plain


f:id:watanabeseijin:20150522212357j:plain

下手したらトラウマ映画。でも、たまらなく引っ掛かる作品でした。
まあ、ローズありきやったとは思いますけれども。

今作。ややこしい世界観やら、ゼロがどうこうにもやもやした訳ではありません。

「あの少年の下りは分かる。チャーミングやし悲しい。問題はあのヒロイン。あの心の動き…。秋の空云々の話ちゃうで!ワケわからん。」

エッジの効いた世界を手放しに有り難がるには、当方は年を取ってしまいました。

でも…次が出たら、また観るんですよ!


f:id:watanabeseijin:20150522211827j:plain