読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「ホーンズ 容疑者と告白の角」

「ホーンズ 容疑者と告白の角」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150521221237j:plain
ハリーポッター役「ダニエル・ラドクリフ」の最新作。

主人公のイグ。幼馴染みで相思相愛の彼女とラブラブな日々。


f:id:watanabeseijin:20150521221615j:plain

という冒頭から一転。

彼女が森で惨殺死体で発見される。しかも自分が犯人と疑われ。

閉塞的なコミュニティ。村八分にされ、心身共にぼろぼろなイグ。

そんなある日、目覚めると頭から角が生えていたイグ。
それは「誰もがイグに本音を話してしまう」という作用があって。

彼女を殺したのは誰なのか?イグは角の力を使いながら、真実を突き止めていく。

「…自分は好きですよ。」

という、この作品を観た先人達の、なーんだか煮え切らないコメント。どうやら癖が強く、万人受けする内容では無いらしい。ラドクリフやのに。

週が明けたばかりのド平日。朝イチの回。まさかの当方と見知らぬ男性の二人での鑑賞。ふとよぎる「映画館って、誰も入らなかったら上映しないんやろうか?」という疑問。それはいいとして。

確かに、何だかスパッとは言い切れない作品。

悲劇であり、サスペンスであるはずやのに…「ラドクリフの奴。真面目にやればやるほど喜劇っぽくなってくるぞ。」と思う限り。何故か。

まあ…皆の本音があまりにも身も蓋も無かったり。自由過ぎて笑えたり。

イグの最終形態の面白破壊力とか。

でも、コメディに振ってくると思いきや、音楽がかっこよかったり。
パブ爆発とか。ラドクリフPVでしたからね。

そして二人のラブラブな時間の無駄な美しさ。


f:id:watanabeseijin:20150521224259j:plain

またね。この彼女の子供時代の子役がまた、最強な可愛さ。エピソードもキュンキュンしすぎて苦しい位です。

「この子。なんちゃって家族のGメンの娘やんか。」とか思っていたら、全くの別人でした。ジュノー・テンプルとモリー・C・クイン。


f:id:watanabeseijin:20150521224701j:plain

どうも、当方はこの手の女子にはやられてしまいます。


そして…やっぱりラドクリフ自体のビジュアル。

「すっかりMr.ボデイタオルやな!」

Mr.ボデイタオルとは当方の造語で、「体毛が濃すぎて、入浴時その毛に直にボディソープを付ければ泡立つであろう人」なんですが。

何かすっごい毛だらけなんですよ。ラドクリフの奴。しかも、何故か胸元とか開きまくりのスタイリング。もう、何だか話に集中出来ないんですよ。

「子役の時とのギャップと言えば、山田孝之。でも、彼もまた今の方が良いけれども!」

ラドクリフが今回を以て、当方の中での山田孝之枠確定。今後が楽しみです。

何だか、ひとつの作品の中にあれこれと要素が詰まりすぎて、散漫になりがちな印象。

「…確かに、当方も好きではありますよ。」

と、もごもご言うしかありません。