読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタナベ星人の独語時間

所詮は戯言です。

映画部活動報告「はじまりのうた」

「はじまりのうた」観ました。


f:id:watanabeseijin:20150208225036j:plain

ニューヨーク。ミュージシャンのカップル。しかし彼氏が売れた事で離れていく二人の気持ち。裏切り。失意の彼女がバーで歌った歌。
かつてはイケイケだった、元カリスマ音楽プロデューサー。
偶然出会った二人が、仲間たちと共に、街でアルバムを作成。
音楽を通して、新しい一歩を踏み出していく二人。そして仲間たち。

本国でも、クチコミで莫大に公開が拡大したという作品。…でも、あんまり期待していなかったんですが。

音楽を共有出来る人たちって良いな。

キーラ・ナイトレイ、歌上手いなあ。でも、冒頭バーで一人歌っている時はあんまりそう思わなかった。…それがプロデューサーのマーク・ラファロが脳内オーケストラを付けた途端、全然曲の力が変わる。この魔法に感動。

街中で、色んな生活音と共に録るアルバム制作は楽しそうで、終始にやにや。

二人で音楽をシェアしながら街を歩き回る。キラキラ感があまりにも羨ましくて…下手なラブストーリーよりよっぽど胸に差し込まれました。

正直、「ちょっと上手く話が行き過ぎやなあ」と思わなくもないですが。

この手の作品にありがちな御都合主義を、きっちりとした音楽の力で押しきってくるので(よくあるのが、全然上手く無いのに何故かまわりが御輿に担ぐアイドル映画)気持ちいい。

もしラブな相手と行ったら…間違いなく帰りに二股のイヤホンジャック買うでしょうね。…想像しただけで「500(日)のサマーでのイケヤデート」ばりの悶え…。


f:id:watanabeseijin:20150830063006j:plain



当方ですか?…当方は何時だって個人行動ですよ。